ネイルを始める年齢

ネイルを本格的に始める年齢はいつ頃から?

女子高生も休みの日などにネイルを楽しむのが当たり前のようになっていますが、最近では中学生や小学生までネイルを楽しんでいる子も少なくないようです。

学校や日常生活に支障のない程度であればいいのかなと思いますが、早くからネイルを始めると爪の健康について心配だったりもしますよね。

ジェルネイルをする際にランプを当てますが、このランプはUVランプLEDランプがあって、UVランプだと結構肌に負担があります。

若いうちから頻繁にUVランプでジェルネイルをするとなるとかなり負担がかかるので、おすすめはできませんね。

ただ、そういった負担からLEDランプを使っているサロンも多いですが、学生であれば費用の面や学校の事を考えても、そんなに頻繁にはしないと思うので影響は大きくないと思います。

それでも爪を傷めてしまう原因にもなりますし、使っているネイルによっては肌が敏感に反応してしまうこともないとはいえません。

まだまだ成長期の子供であれば、なるべく爪や肌に負担がかかるものは、もう少し後になってからの方がいいかもしれませんね。

大人になれば自己判断で好きなだけできますしね。

自分でネイルをする場合についてお話しましたが、ネイリストとして活躍したい場合も年齢は関係あるのでしょうか?

ネイリストになるのであれば、学校を卒業してから専門の勉強をして経験を積んでネイリストとなるわけですが、ネイルスクールは16歳〜17歳くらいから通うことができるようですし、逆に30代〜40代の方でも勉強しています。

学校を卒業して、かなり年数がたってからでもネイリストとして始める方はたくさんいます。

ネイリストに年齢制限はありません。

ただ、一人でやっていく分にはおばあちゃんになってもやっていけますが、サロンなどで雇ってもらう場合は年齢があがるたび採用が難しくなることはあるかもしれませんね。